2:2010/10/05(火) 22:59:01 ID:0.net
戦争をするからには、どんなことをしても、
勝たなければならない。
4:2010/10/06(水) 20:31:25 ID:0.net
富国強兵、脱亜入欧。
6:2010/10/06(水) 23:19:53 ID:0.net
盛者必衰、芸術・学問は永遠
10:2010/10/11(月) 14:35:49 ID:0.net
人々が当たり前だと思っているモノの歴史は意外と浅い
88:2010/12/02(木) 18:05:17 ID:O.net
historyにはstoryが含まれている。
12:2010/10/17(日) 17:13:48 ID:0.net
成り行きの積み重ねが、世界史である。
13:2010/10/17(日) 18:35:12 ID:0.net
学ぶ前→歴史は一握りの賢者や英雄がつくるもの
学んだ後→歴史はコンビニの前でたむろしてるような庶民の流れ

英雄や賢者はその激流をすこし止めるか早めるだけ
14:2010/10/17(日) 18:50:16 ID:0.net
>>13
同意。ある意味壮大。壮大すぎて気付かない。
15:2010/10/18(月) 21:33:34 ID:0.net
偉人や英雄が好きで歴史学んでくと
がっかりするよな

17:2010/10/23(土) 21:05:45 ID:0.net
貴族も社会主義者も成り上がり(資本家・自由主義者・民族主義者)
を嫌う点で実はとてもよく似ている
そしてそれはなんとなく現在の政治の諸相にもつながっている…ような
22:2010/10/30(土) 01:47:47 ID:0.net
地理や気候が国勢を左右することがあるということ
26:2010/10/31(日) 02:49:30 ID:0.net
よーく考えよーお金はとってもとっても大事だよー
28:2010/11/02(火) 14:59:24 ID:0.net
歴史はくりかえされる
30:2010/11/05(金) 13:41:25 ID:O.net
国のトップが頻繁に入れ替わると
その国は衰退期である事
34:2010/11/07(日) 16:37:31 ID:0.net
結局人間は歴史に学ばない
43:2010/11/08(月) 20:44:52 ID:0.net
何かの目的のための手段としてあったものが、
しばしば目的そのものとなる。
 
生存のためにやっていたことが、
洗練され、やがては娯楽となる。
45:2010/11/09(火) 00:23:02 ID:0.net
どんな国でも衰退する時はそれを止める術は無い。
47:2010/11/09(火) 09:37:11 ID:0.net
驚くことに、
歴史上の人物たちも、
私たちと全く同じ生身の人間である。
61:2010/11/17(水) 02:06:03 ID:O.net
日本史を学ばなくても国内情勢は理解できるが、
世界史を学ばないと国際情勢は理解できない。

81:2010/11/22(月) 00:21:03 ID:0.net
番外編:考古学から学んだことは、文字資料がなくても
出土品の様式や遺構などをその種類や変化を比較検討することで、
驚くほど豊かな情報を得ることができる。土器片やら穴ぼこを甘く見られない。
96:2010/12/09(木) 00:17:54 ID:O.net
三國志が大して重要でない
103:2010/12/11(土) 23:08:02 ID:O.net
敵の敵は味方だが、味方の敵は必ずしも敵ではない。
116:2010/12/18(土) 04:45:31 ID:0.net
日本人が過去の戦争から学んだこと。

非武装国家
自衛隊は廃止しよう
外国人参政権を認めよう
中国を受け入れ一つの国になろう。
オキナワは歴史的に中国領土、対馬島は韓国領土
117:2010/12/18(土) 05:01:18 ID:0.net
などと意味不明な供述を繰り返しており、警察は余罪を追及しています。
138:2011/01/23(日) 10:36:52 ID:0.net
とりあえずイギリス・アメリカに合わせとけば勝ち組に入れる
少なくともここ400年くらいは
162:2011/04/18(月) 17:57:06.14 ID:0.net
大抵の女は少女漫画ベースで歴史を妄想し
大抵の男は少年漫画ベースで歴史を語る
145:2011/03/13(日) 02:21:53.26 ID:O.net
女でつまづく奴は、後で碌でもない最期を向かえているな~っと。
161:2011/03/31(木) 22:09:11.99 ID:0.net
大学受験で世界史にのめり込むと
他の教科の勉強が疎かになる
178:2011/05/07(土) 23:20:24.07 ID:0.net
・人間にとって大事なのはまず実践。

・どれだけ学んでも勉学に終わりはない。

・所属している階級の如何を問わず、
 立派な人は立派だし、下らない人間は下らない。
 高潔な王侯も愚劣な王侯も、
 高潔な労働者も愚劣な労働者も存在する。
 
書いてみたら平凡なことだけど、こう思えるまでに随分長く懸かった。
192:2011/10/12(水) 23:37:08.71 ID:O.net
軍人と金融家が表舞台に出るとロクなことにならない。
209:2011/11/05(土) 23:50:54.08 ID:P.net
「地獄への道は善意で敷き詰められている」 (レーニン)

悪いやつがやることには限度がある。
悪いやつは利益になる範囲内でしか悪いことをしない。
限度を超えたら却って損するからだ。
しかし善意でやることには限度がない。

そしてこの言葉を語ったレーニン自身が
その最悪の実例なんだから
この言葉は真理だと言う他ない。
230:2011/11/25(金) 18:59:27.85 ID:0.net
>>209
先進国がやっている発展途上国への支援とかも
そんな感じなんだろうか

237:2012/01/17(火) 12:22:12.89 ID:O.net
戦えない者は滅びる
243:2012/01/31(火) 19:31:32.67 ID:O.net
貧困は諸悪の根源
257:2012/03/02(金) 16:26:30.87 ID:0.net
世界史からはいろいろ学んだ、
金がなくなると戦争が起きるということだ。

今世界の戦争、紛争はすべてお金のひずみから起きている。
259:2012/03/02(金) 19:23:31.36 ID:0.net
人生大成して偉人になる必要はない。
ほどほどの金があって平和が一番。
偉人は奇人。
267:2012/03/07(水) 18:21:00.03 ID:0.net
>>259
だな。
偉人であっても存命中は不幸だった人がやたら多い
273:2012/05/14(月) 22:57:32.58 ID:0.net
どれだけ文明が発達しても、人そのものは進化してない
312:2012/06/19(火) 19:28:52.03 ID:0.net
ペンも人を殺す
346:2012/06/29(金) 18:15:54.91 ID:0.net
「信を裏切ったものを、一度だけだぞと言って許す」
寛大さをアピールできるし、現状を続行できるし、
相手に二度とするなと脅しをかけられる

しかし、二度裏切る奴は裏切るのだ
355:2012/07/11(水) 12:19:25.78 ID:O.net
呟き:世界史から学んだ事

「国際法的なものは決して遵守されない」
357:2012/07/11(水) 14:32:23.03 ID:O.net
「たいていの国の人は
 隣国の人を『ウィットやジョークが通じないつまらない奴ら』と思っている」
384:2012/07/14(土) 21:37:52.14 ID:O.net
復讐の連鎖は机上の空論
387:2012/07/15(日) 12:38:09.22 ID:O.net
歴史的背景からくるコンプレックスは簡単には拭えない
388:2012/07/15(日) 13:15:26.17 ID:0.net
民主主義は必ずしも絶対的正義ではない
751:2015/02/20(金) 00:07:52.67 ID:0.net
アホが一票持つことの怖さ
それがミンス主義の恐ろしさだね

391:2012/07/15(日) 14:20:25.01 ID:0.net
国破れて山河あり!と叫んでもなにもおこらない
405:2012/07/15(日) 23:22:51.59 ID:O.net
歴史でも経験でも学べない奴は学べない。
406:2012/07/16(月) 12:50:01.65 ID:0.net
解るやつは言わなくても解る
解らないやつは言っても解らない
知る者は言わず・・・たぶん
457:2012/11/14(水) 03:43:03.47 ID:O.net
世界史から学んだ事

撃破した敵の人数は大幅に誇張される
469:2012/11/15(木) 23:31:36.21 ID:0.net
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ というが
経験に学ぶことって意外と大変だよね
479:2013/01/09(水) 20:39:27.47 ID:O.net
>>469
これを言った人は
「何の経験も実績もなかったのに、
ほとんどコネだけで要職に就いた、
口先だけはやたらと達者な男」な訳で、
この言葉の裏に真実はないと思う


パッとしない経歴をなじる敵対議員達を前に ふんぞり返って
この言葉を発するビスマルクの姿が目に浮かぶ

オットー・エドゥアルト・レオポルト・フュルスト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼンは、
プロイセン及びドイツの政治家、貴族。
ドイツ統一の中心人物であり、「鉄血宰相」の異名を取る。

プロイセン東部の地主貴族ユンカーの出身。
代議士・外交官を経て、
1862年にプロイセン国王ヴィルヘルム1世からプロイセン首相に任命され、
軍制改革を断行してドイツ統一戦争に乗り出した。

文化闘争や社会主義者鎮圧法などで反体制分子を厳しく取り締まる一方、
諸制度の近代化改革を行い、また世界に先駆けて
全国民強制加入の社会保険制度を創出する社会政策を行った。

ビスマルクの評価は評価する者の思想傾向によって著しく異なるため毀誉褒貶が激しい。
保守的・伝統的な歴史解釈に立てばビスマルクは不世出の英雄とされ、
一方ビスマルクと敵対した思想(社会主義や自由主義)からは批判的に捉えられ、
究極的にはアドルフ・ヒトラーにつながる存在とされることが多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/オットー・フォン・ビスマルク


526:2013/10/25(金) 14:21:05.39 ID:0.net
カエサルとかナポレオンとか、
歴史に名を残した人物はハゲが多い
527:2013/10/25(金) 14:40:20.03 ID:0.net
すなわち、ハゲは歴史に名を残す
518:2013/10/21(月) 23:44:06.35 ID:0.net
就職のし易さは
学歴よりもその時の景気動向の影響の方が大きい

つまり実力より運
962:2015/08/06(木) 10:02:53.58 ID:0.net
正しいものが勝つのではなく
勝ったものが正しい
522:2013/10/23(水) 23:50:03.82 ID:0.net
とりあえず英米に喧嘩売ったらだめ。
まず勝てない。戦争があれば英米側についたら良い。
イギリスと大陸が対立してればイギリス側についてれば幸せになれる。

万一負けそうでも必死で謝って恭順すれば許してくれて、しかも支援してくれる。
580:2014/07/23(水) 11:46:03.16 ID:0.net
正義の戦争よりも不正義の平和の方が良い




268:2012/03/12(月) 08:58:04.03 ID:O.net
戦争を語り継いでもダメ
戦前こそ語り継がなければならない
そこには戦争へのプロセスが隠れているから

528:2013/10/25(金) 15:26:48.75 ID:0.net
全盛期とは、あとは下るだけ。という意味である
664:2014/08/26(火) 19:11:11.63 ID:0.net
諸行無常
799:2015/05/21(木) 21:18:55.69 ID:0.net
経済が文化に影響をもろに受けるが、
文化が経済に影響を及ぼすことはまずない。
802:2015/05/23(土) 19:05:45.67 ID:0.net
>>799

文化は経済の影響を受けまくり

なので経済的に発展しないところでは中々文化が生まれない
世界全体的に文化が華やぐのは近世、近代だが、
その時代を貧しく過ごすと文化貧国になるケースが多い
120:2010/12/18(土) 22:18:29 ID:O.net
学べば学ぶほど、
特に教訓にはならないと感じていくが、
より細かく知りたくなってくる。
166:2011/04/27(水) 22:39:25.73 ID:0.net
理解出来ない事、歴史の教訓を生かそうとしない人々が如何に多いことか…
169:2011/04/28(木) 10:52:00.05 ID:0.net
歴史上のどんな国でも永遠に繁栄する事は不可能

必ず衰退してしまう
182:2011/08/27(土) 09:53:36.12 ID:0.net
無限ループって怖くね?
895:2015/07/23(木) 17:55:25.78 ID:0.net
我々は螺旋の道を走ってる若しくは歩いてる。
906:2015/07/27(月) 14:34:49.35 ID:0.net
歴史を学び同じ過ちを犯さないということはできない
世界史から学んだことを呟くスレ
引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/whis/1286182056