1:2017/08/06(日)10:20:10 sTE
昔の人の技術では可能だったけど
今の技術ではどう頑張っても無理みたいなのとか
4:2017/08/06(日)10:22:56 GFu
錆びない鉄とか、完全な真円とか?
5:2017/08/06(日)10:23:19 6Nv
戦艦大和がロストテクノロジーだってのは
聞いたことがある
6:2017/08/06(日)10:23:24 yBg
日本なら、10世紀以前の青銅器の印に鬆を入れる技術
青銅製の印に均質な鬆を入れることで軽量化を図ったらしいんだが
12世紀あたりからの密度を上げる鋳造技術が発展した影で失われてしまった
7:2017/08/06(日)10:24:31 9Ee
日本刀(古刀)

今伝わってるのは新刀
8:2017/08/06(日)10:24:35 4qp
SLのメタルとか刀とか
まだよくわかっていないのはあるんじゃね
3:2017/08/06(日)10:22:09 zvb
どう頑張っても無理はないと思うけど
工業製品なら今更作らないっていうのはあるだろうね

ビデオデッキとか
10:2017/08/06(日)10:26:35 9Ee
この人の象牙彫刻


安藤 緑山(あんどう ろくざん、1885年? - 1955年)は
大正から昭和初期の彫刻家。
生涯や詳細な人物像など、彼にまつわることはほとんど不明である。

安藤の彫刻で最大の特徴は、"色つけ"である。
当時の美術界では牙彫の王道である"白地の肌合い"が主流だったが、
緑山は「象牙に着色すると色が滲んで独特の味わいを持つ」という彼独自の流儀を持っていた。
しかし、主流から外れた制作態度は異端視され、その高い技巧ほどには評価されなかった。
加えて、彼自身も気難しい性格で人との交渉を嫌ったため、
弟子を全く取らず、「安藤緑山一代限り」とのポリシーを持っていた。

その技巧は長らく謎とされていたが、
X線透視検査によって1本の象牙に丸彫するのが基本とされた牙彫において、
複数の牙材をネジなどで接合することで
大作の牙彫を実現していることが明らかとなった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/安藤緑山
11:2017/08/06(日)10:29:15 vWh
お前ら刀大好きだから刀刀ゆってるけど、
刀以外にも日常にいっぱいある(´・ω・`)。

ムシロとか折れる奴おらんくなってきてるやろ(´・ω・`)。
そうゆうことや(´・ω・`)。
12:2017/08/06(日)10:30:14 9Ee
>>11
少なくなってると失われたは違うよ
15:2017/08/06(日)10:32:35 4qp
>>11
拡大解釈しすぎやろ
そのうち炊飯器がなきゃご飯が炊けないとか
MT車が運転できないとか
当たり前になってくるで
19:2017/08/06(日)10:37:36 vWh
少なくなると失われるは違う(キリッ`・ω・´)。ゆうてるけどな(´・ω・`)、
それで失われて逝ってる地域の織物とかいっぱいあるんやで(´・ω・`)。
たまに復活させようと頑張ってる村おこしもおるけどな(´・ω・`)。
甲子園の優勝旗も直せなくなるかも分からんで(´・ω・`)。
22:2017/08/06(日)10:40:01 9Ee
>>19
知ってる

でもまだある
21:2017/08/06(日)10:38:53 Wp8
超音速旅客機、月に行ける船、パケ・ホーダイ
23:2017/08/06(日)10:40:30 9Ee
実はNASAの宇宙服もロストテクノロジー
32:2017/08/06(日)10:53:49 HuB
>>23
どういうことだ?
33:2017/08/06(日)10:56:30 9Ee
>>32

国際宇宙ステーションの船外活動で飛行士の着用する宇宙服が老朽化し、
近い将来足りなくなる恐れがあるとの報告書を
米航空宇宙局(NASA)の監察官室がまとめたことが分かった。
新型宇宙服の技術開発が滞っているのが理由。

NASAの宇宙服は、約四十年前に作られた十八着のうち十一着が使い続けられている。
七着は事故で失われたり破損したりした。
残った十一着も設計寿命の十五年を大幅に超え、老朽化が激しい。
船外活動中にヘルメット内部に水がたまり、
飛行士が窒息の危険を感じて急きょステーションに戻る例も相次いだ。

報告書によると、現在ステーションに使える状態で配備されている宇宙服は四着。
新品を作ろうにも技術が継承されておらず、一から開発するしかないのが現状だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017060602000267.html
25:2017/08/06(日)10:41:15 4z5
戦艦大和の主砲とかも今じゃ作れんだろうな。
27:2017/08/06(日)10:43:09 pmZ
>>25
金かけて開発しなおしたら
もっといいものが造れるけどしないだけ
37:2017/08/06(日)11:01:10 8AR
隔絶した職人技ってのは
そんなもんなんじゃないのかな
43:2017/08/06(日)11:08:57 pmZ
>>37
単純な話、個人経営の食い物屋なんかでも
マスターが死んだり引退したりで閉店しちゃったら
二度とその味は楽しめないよなあ…
39:2017/08/06(日)11:05:57 BuX
ピラミッド建設
45:2017/08/06(日)11:23:44 FKR
>>39
ピラミッドは作り方解っとるんやないの?

岩盤の中を通るペルーの用水路なんかは
今の知識があっても道具は当時の物という制限あると不可能な気がするで
77:2017/08/06(日)12:16:41 9Ee
>>45
最後の岩がどうやったか分からん
81:2017/08/06(日)12:33:50 FKR
>>77
キャップストーンに関しては
フランス人の建築家の説でいけるっぽいで


79:2017/08/06(日)12:23:01 qEj
ピラミッドはスロープを使ったんじゃなくて、
ピラミッドの外周自体に木のころを置いて
螺旋を描くように石を積み上げていったというのが
最近では定説らしいね


しかも内部を調査すると結構いい加減に作ってあり、
外から見えない内部に開いた隙間にモルタル流し込んで
偽装してたりするからやっぱりそんな真剣に作ってない
85:2017/08/06(日)12:45:11 4z5
隙間にモルタルの類は、偽装というより
補修工事なんじゃないかと・・・

3000年の歴史があれば、1000年前に
そのような工事が行われててもおかしくない。
42:2017/08/06(日)11:07:37 YDU
基本こういうのって
作れないじゃなくて
作る価値がないから作らないで
ロストテクノロジー化するという
47:2017/08/06(日)11:28:14 pmZ
熊本城修復にけっこうな年数かかるらしいけど
昔は人力でももっとちゃっちゃと造れたんじゃね?
60:2017/08/06(日)11:38:34 FKR
>>47
同じような城を作るなら、そら楽勝かもしれんけど
熊本城の修復が困難な作業になっとるのは
可能な限りの完全修復をせなアカンからなんや
瓦ひとつとっても、どこの瓦でもええわけやない
産地も指定されるはずや
48:2017/08/06(日)11:30:31 ygt
昔は同じものを作る必要も建築関係の法律も無いしね
49:2017/08/06(日)11:31:13 FKR
ロレット教会の支柱が無い螺旋階段も有名やね
あれは理屈は解っとるみたいな感じやけど
再現したいう話は聞かんし、もしかしたら不可能なのかもしれん


50:2017/08/06(日)11:33:37 bQW
一般的な大工さんの職人芸は失われつつあるね
51:2017/08/06(日)11:34:53 pmZ
>>50
昔ながらに金槌やらカンナやら使ってる現場なくなったよな
55:2017/08/06(日)11:37:00 bQW
>>51
必要無いからね、昔の大工さんが当然の様にしてた事が今の人には出来ない
でも劣化した訳ではなく、今の仕事を昔の大工さんは出来ないと思うよ
56:2017/08/06(日)11:37:18 vIS
水晶のドクロは作れるらしい
57:2017/08/06(日)11:37:26 DT0
漫画「火の鳥」的な着想
73:2017/08/06(日)11:56:00 qcq
正倉院に入っとる宝物とかクッソ雑に出来とるように見えるもんでも
現在の職人が同じ物作ろうとすると難しいらしいな

めちゃくちゃ高い技術持っとる奴がしょぼい道具で作ってるから
同じ物作ろうとしたら同じしょぼい道具で一から修行せんといかん
74:2017/08/06(日)11:58:42 yBg
東南アジアとかの稲作とかもビックリするよね
陸稲を見慣れてないってのもあるけど、
本当にタダの棒だけで稲作してるもんね
66:2017/08/06(日)11:46:35 geh
今の技術でより性能の良い、より廉価な、
より簡単にモノが作れちゃうからね
必要無くなったから、使わなくなったってだけで、
そんな悲観するものでもないし
68:2017/08/06(日)11:48:50 kPt
結局、時代の再現まで意識しないなら余裕
時代の再現(当時の新品そのもの)するとなると、見たことないから
できたって言ってもわからないからできないっていわれる
75:2017/08/06(日)12:00:00 kIA
オーパーツとロストテクノロジーは違うからな

母ちゃんの味噌汁の味だって、
再現できなきゃ立派なロストテクノロジー
失われた技術って何があるの?
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1501982408