1:2016/02/18(木) 10:08:31.53 ID:7PvVTJF+0.net
なぜガバガバ光秀の
ガバガバ包囲から脱出しなかったのか

織田 信忠(おだ のぶただ)は、安土桃山時代の武将・大名。
織田信長の嫡男で、信長の生前に家督を譲られた。

天正10年(1582年)6月2日の本能寺の変の際には、
信長と共に備中高松城を包囲する羽柴秀吉への援軍に向かうべく京都の妙覚寺に滞在しており、
信長の宿所である本能寺を明智光秀が強襲した事を知ると
本能寺へ救援に向かうが、信長自害の知らせを受け、
光秀を迎え撃つべく誠仁親王の居宅である二条新御所(御所の一つ)に移動、
信忠は誠仁親王を脱出させると、手回りのわずかな軍兵とともに篭城し、善戦を見せた。
しかし明智軍の伊勢貞興が攻め寄せると、衆寡敵せずに自害した。

介錯は鎌田新介が務め、二条御所の縁の板を剥がさせて自らの遺骸を隠すように命じたという。
享年26。父同様、その首が明智方に発見されることはなかった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/織田信忠
3:2016/02/18(木) 10:09:35.67 ID:Xe9aGcJh0.net
生きとったらどうなったんやろな
4:2016/02/18(木) 10:09:37.63 ID:atG0Bou/a.net
メンド臭くなったんやろな
343:2016/02/18(木) 10:59:36.16 ID:mvBHT2v2a.net
こいつ死んだせいで
光秀謀反の真相がややこしくなったんだよね
2:2016/02/18(木) 10:09:13.26 ID:rA8L8Nm50.net
いや本能寺包囲と共にネズミ一匹逃げられないように
二条城も包囲されたはずだが?
17:2016/02/18(木) 10:14:40.34 ID:oF9ZQ+TQ0.net
>>2
逃げ切れる可能性は充分あったけど、
それを確かめる前に切腹したんやろ
28:2016/02/18(木) 10:17:07.38 ID:atG0Bou/a.net
>>17
可能性いうか自由に移動できてて
わざわざ小数の手勢で迎え撃つために陣地構築までしとる説もあるらしいで
33:2016/02/18(木) 10:18:48.66 ID:oF9ZQ+TQ0.net
>>28
そうなんか・・・
37:2016/02/18(木) 10:20:07.61 ID:atG0Bou/a.net
>>33
当時の公家の日記なんかにそう書いてるっぽい
9:2016/02/18(木) 10:11:52.00 ID:oyut7ag70.net
徳川家光とかいう信秀の曾孫天下取ったんでセーフ


18:2016/02/18(木) 10:15:14.43 ID:K7AIkIwD0.net
信雄も信孝も信忠が生きてたら自分が当主だと主張することはなかったの?
20:2016/02/18(木) 10:15:45.03 ID:6MDKFo7d0.net
>>18
そらまだマシやったやろな
26:2016/02/18(木) 10:16:39.22 ID:oF9ZQ+TQ0.net
>>18
あの時点で信忠が家督継いでたんやなかった?
47:2016/02/18(木) 10:21:38.13 ID:K7AIkIwD0.net
>>26
そうなん?
清須会議見た程度の知識しかないけど
あの兄弟かなり仲悪そうだったから
信長だけ死んでたら揉めてるんじゃないかなーと思ったけど
56:2016/02/18(木) 10:23:17.72 ID:x1r67fCC0.net
>>47
信忠が生きてたら、そもそも兄弟喧嘩する理由がないし
喧嘩を後押ししてくれる家老もおらんやんか
59:2016/02/18(木) 10:23:41.87 ID:/1VOU/Cea.net
>>47
筋(現当主生存)が通ってればお家騒動は無かったと思うわ
19:2016/02/18(木) 10:15:26.61 ID:KWBaGvtQ0.net
織田信忠生きてたら秀吉や勝家まとめられてたんやろか
22:2016/02/18(木) 10:15:48.65 ID:lJhLnZf30.net
言うて最後の希望か?
信長死後信忠に織田家をまとめる力があったやろか
31:2016/02/18(木) 10:18:18.27 ID:x1r67fCC0.net
>>22
そのために武田攻めは信忠にやらせたんやろ

甲州征伐(こうしゅうせいばつ)は、
1582年(天正10年)、織田信長と
その同盟者の徳川家康、北条氏政が
長篠の戦い以降勢力が衰えた武田勝頼の領地である駿河・信濃・甲斐・上野へ侵攻し、
甲斐武田氏一族を攻め滅ぼした一連の合戦である。武田征伐とも言われる。
天正元年(1573年)以降、
織田信忠を筆頭に池田恒興、森長可、河尻秀隆らを主力とする
いわゆる「信忠軍団」が編成されており(池田は後に軍団を離脱、摂津へ)、
主に東美濃に勢力を張っていた武田の影響を排除する戦いをしていた。
武田征伐時には以下のような陣容であった。

・大将:織田信忠
・先鋒:森長可、団忠正、木曾義昌、遠山友忠
・本隊:河尻秀隆、毛利長秀、水野守隆、水野忠重
・付属:織田長益他織田一門衆、丹羽氏次他
・軍監:滝川一益

https://ja.wikipedia.org/wiki/甲州征伐

24:2016/02/18(木) 10:16:19.86 ID:Ywit7tHDa.net
逃げおおせても
信長亡ければどうせ秀吉に乗っ取られるのもわかってたんじゃね?
29:2016/02/18(木) 10:18:12.16 ID:oF9ZQ+TQ0.net
「あの明智が万全の包囲を敷いてない訳がない」
という思い込みやろなあ
32:2016/02/18(木) 10:18:34.04 ID:eMvGMh7Od.net
譲られとる逃げへんとか無能すぎ
自分の立場わかってないのか?
34:2016/02/18(木) 10:19:31.19 ID:/1VOU/Cea.net
>>32
そう思う
家臣とどんなやり取りがあったのか興味ある
48:2016/02/18(木) 10:21:49.34 ID:Vvjtl8X70.net
二条御所ってどれくらい防御力あつまたん?
50:2016/02/18(木) 10:22:31.63 ID:/1VOU/Cea.net
>>48
ない。
要塞ではなく迎賓館の性格が濃い建物
36:2016/02/18(木) 10:19:47.31 ID:qOaJHs3L0.net
ハラキリという糞文化はいかんな
最後まで生き延びようとしなきゃいかん
43:2016/02/18(木) 10:20:48.76 ID:oF9ZQ+TQ0.net
>>36
石田三成「お、そうだな」

石田 三成(いしだ みつなり)は、
安土桃山時代の武将・大名。豊臣氏の家臣。豊臣政権の五奉行の一人。
関ヶ原の戦いにおける西軍側の主導者として知られている。

9月15日、東軍と西軍による天下分け目の戦いである関ヶ原の戦いが始まった。
当初は西軍優勢であり、石田隊は6,900人であったが、
黒田長政・加藤嘉明・細川忠興・田中吉政ら兵力では倍以上の敵に幾度と無く攻め立てられたが、
高所という地の利と島左近・蒲生頼郷・舞兵庫らの奮戦もあって持ちこたえた。
しかし西軍全体では戦意の低い部隊が多く、次第に不利となり、
最終的には小早川秀秋や脇坂安治らの裏切りによって西軍は総崩れとなり、
三成は戦場から逃走して伊吹山に逃れた。

その後、伊吹山の東にある相川山を越えて春日村に逃れた。
その後、春日村から新穂峠を迂回して姉川に出た三成は、曲谷を出て七廻り峠から草野谷に入った。
そして、小谷山の谷口から高時川の上流に出、古橋に逃れた。
しかし9月21日、家康の命令を受けて三成を捜索していた田中吉政の追捕隊に捕縛された。

9月22日、大津城に護送されて城の門前で生き曝しにされ、その後家康と会見した。
9月27日、大坂に護送され、
9月28日には小西行長、安国寺恵瓊らと共に大坂・堺を罪人として引き回された。
9月29日、京都に護送され、奥平信昌(京都所司代)の監視下に置かれた。
10月1日、家康の命により六条河原で斬首された。享年41。

https://ja.wikipedia.org/wiki/石田三成
38:2016/02/18(木) 10:20:29.46 ID:cTaxs8eH0.net
信長「謀反!?誰や信忠か!?」ってくらいに
親父に信用されてなかった模様
78:2016/02/18(木) 10:27:30.80 ID:b/8cGXhAK.net
>>38
逆に部下が裏切るなんてあらへんて思い込みがあったんやろなあ
86:2016/02/18(木) 10:29:06.18 ID:lJhLnZf30.net
>>78
実際人望はあったらしいしな
94:2016/02/18(木) 10:30:06.65 ID:7jmolf3T0.net
>>86
実は部下には優しかったらいしな

ソースは秀吉の手紙
96:2016/02/18(木) 10:30:51.69 ID:lJhLnZf30.net
>>94
なんやその当時の証拠なのに信頼性のないソース
102:2016/02/18(木) 10:31:46.72 ID:z8fLUAUr0.net
>>94
そら本能寺黒幕説も出ますわ
112:2016/02/18(木) 10:33:46.04 ID:CyXHKzTXa.net
>>94
秀吉キチガイやもんな

信長は追い出す程度だけど
秀吉は任務失敗した軍団長解任して殺害するし秀次はアレだし
99:2016/02/18(木) 10:31:15.95 ID:oF9ZQ+TQ0.net
>>94
秀吉「ワイは信長みたいに甘く無いぞ!」
104:2016/02/18(木) 10:32:32.35 ID:EC1QU0XSp.net
>>99
部活の新3年みたいやな
137:2016/02/18(木) 10:37:30.77 ID:cAbQMvtQ0.net
裏切りには寛容やのに
古参の佐久間には厳しかったのは何故や

佐久間 信盛(さくま のぶもり)は、
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
織田氏の家臣。佐久間氏の当主。通称は出羽介、右衛門尉。

天正4年(1576年)に石山合戦の一環であった天王寺の戦いで
石山本願寺攻略戦の指揮官である塙直政の戦死を受け、
後任として対本願寺戦の指揮官に就任。信盛配下の軍団は当時の織田家中で最大規模であったが、
信盛は積極的な攻勢に出ず、戦線は膠着した

天正8年(1580年)、信長自らが朝廷を動かし本願寺と和睦して、
10年続いた戦に終止符を打った。
同年8月、信長から19ヶ条にわたる折檻状を突きつけられた信盛は、
嫡男の信栄と共に高野山へと上った。
その後、高野山にすら在住を許されずにさらに南に移動、
佐久間家の郎党も次々に信盛父子を見捨てて去っていった。
高野山に落ちる時はつき従う者は2、3名、熊野に落ちる時は1名きりだったという。

天正10年(1582年)1月16日、紀伊熊野にて死去した。享年55。

https://ja.wikipedia.org/wiki/佐久間信盛
164:2016/02/18(木) 10:40:25.33 ID:b/8cGXhAK.net
>>137
裏切りに寛容(ただし有能な部下に限る)
無能は嫌い

こんな感じとちゃうか
180:2016/02/18(木) 10:41:55.95 ID:cAbQMvtQ0.net
>>164
古参でいったら林もやしな

許す(有能に限る)、無能は関係なしって感じか

林 秀貞(はやし ひでさだ)は、
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
織田氏の家臣。通称は新五郎、壮年期以降は佐渡守の受領名を名乗る。

天文15年(1546年)に行われた古渡城での信長の元服では介添え役を務めた。
当時の織田家臣団の例に漏れず
秀貞も信長の奇行には頭を痛めており、
天文21年(1552年)に信秀が死去すると
信長の弟である織田信勝擁立を画策するようになる。

弘治2年(1556年)に柴田勝家や弟・林通具らとともに
織田信勝を擁立して挙兵するが稲生の戦いで敗北する。
しかし信長からは許されて勝家とともに宿老の立場に据え置かれた。

天正8年(1580年)8月、信長から24年も過去の
信勝擁立の謀反の罪を問われて追放された。

この追放劇に関しては理由が24年も前の事柄であるため
余りにも難癖じみており、その真相については不明な点が多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/林秀貞
44:2016/02/18(木) 10:20:49.42 ID:iOTbcueU0.net
ワイ織田信広、話題にもならず泣く

織田 信広(おだ のぶひろ)は、
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
織田信秀の子。織田信長の庶兄。

弘治2年(1556年)、信広は美濃稲葉山城の斎藤義龍と組んで謀反を画策する。
が清洲城の乗っ取りに失敗
それから信広は叛意を露にして信長と敵対し、
小規模な戦闘をたびたび起こしたがいずれも退けられ、程なくして降伏した。
この時、信長は信広を赦免している。

以後は二心無く信長に仕え、
当時はまだ信長の息子たちも幼かったこともあり、
信秀直系で一番の年長者ということもあって
織田家連枝衆の中ではまとめ役的な存在であったという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/織田信広
57:2016/02/18(木) 10:23:19.98 ID:rA8L8Nm50.net
俺は公家陰謀説を推すな

ちょうそかべの懇願聞いて懇意にしてたのに
突然四国征伐開始されて
今までのちょうりゃく反故にされりゃ切れるわ
69:2016/02/18(木) 10:24:36.85 ID:qooP31exp.net
>>57
明智に勅命って大義名分与えとけば周りの連中も従ったんちゃうの?
81:2016/02/18(木) 10:28:00.09 ID:/1VOU/Cea.net
>>69
仮にそうでも失敗したら朝廷は滅ぶかもしれないので
証拠は残らんようにはしとるやろなあ
58:2016/02/18(木) 10:23:30.33 ID:l/l1kkZKr.net
信雄が悪いよ信雄が

63:2016/02/18(木) 10:24:00.72 ID:olk6+3WVa.net
織田信澄が生きとったらなあ

不運すぎる

津田 信澄(つだ のぶすみ)は、
安土桃山時代の武将。織田氏の家臣。近江大溝城主。摂津大坂城代。

織田信行(信勝)の嫡男として生まれる。
弘治3年(1557年)、父が謀反の企てを起こしたとして
伯父の織田信長によって暗殺されるが、
幼少の信澄は祖母の土田御前(信長と信行の生母)の助命嘆願もあって、
信長の命令により柴田勝家の許で養育された。
このこともあって、織田氏を名乗らず津田氏を称したともいわれる。

天正10年(1582年)6月2日、舅の光秀が京都にいた信長を襲撃して殺害した(本能寺の変)。
信澄は光秀の娘婿であった事が災いし、6月5日に信孝と長秀により襲撃され、
野田城で信孝の家臣・峰竹右衛門、山路段左衛門、上田重安によって殺害され、
首級は信孝の命令で堺で晒された。享年28。

信澄は信長の側近としての役割も果たし、
安土城の造営においては総普請奉行である丹羽長秀と共に
普請奉行として工事に携わるなど、織田一門の中では
叔父の織田信包と共に信長から信任されて特別扱いされていた。

織田家では信長の息子である信忠、信雄、信孝や
信長の弟の信包に次いでその待遇は厚かったという。
京都御馬揃えの際にも
一門衆(御連枝衆)の参加者で信澄は5番目に名前が挙がっており、
第5位の序列にあった事が窺える。

また、織田氏は一族傍流が非常に多く、信長の実子であっても信正のように冷遇された者もいる中、
2度も信長に背いた弟の遺児が厚遇されているのは、破格の待遇といえた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/津田信澄
67:2016/02/18(木) 10:24:26.81 ID:d/WYAYBk0.net
明治維新まで大名家として残った織田家が、
安土城を焼き払った信雄と
二条城から逃げ出した有楽斎の家っていうのが皮肉やね

血筋的には有楽斎の大名家も信雄のものになっちゃうんだけど
74:2016/02/18(木) 10:25:50.22 ID:ySu3ha2I0.net
信長という手本がいたのに
死後あっさりお家乗っ取られる秀吉とかいう無能
76:2016/02/18(木) 10:26:34.77 ID:Vvjtl8X70.net
>>74
自分がしたこと忘れてもうたんやろなぁ
77:2016/02/18(木) 10:27:19.88 ID:jYz8LdYNM.net
信忠が生きてたらだいぶ歴史は変わってたやろな
92:2016/02/18(木) 10:29:48.99 ID:atG0Bou/a.net
>>77
北条も氏康があと10年
毛利も隆元があと20年生きてたら違ってたやろね
83:2016/02/18(木) 10:28:26.86 ID:DIamgcAnp.net
信忠「俺が死んでも弟がいるから安心」
85:2016/02/18(木) 10:29:05.11 ID:jYz8LdYNM.net
>>83
本当に安心でしたか……?
141:2016/02/18(木) 10:37:56.60 ID:Ekv75Oze0.net
>>85
まあ織田家は4つくらい残ったから
90:2016/02/18(木) 10:29:37.64 ID:nrYBZ9MEa.net
冷静に考えて
北陸に柴田、四国に丹羽、中国に羽柴、関東に滝川

謀反したら袋叩きになると
なぜ思わないのか
111:2016/02/18(木) 10:33:33.64 ID:2ui/q6QN0.net
>>90
機内をきっちり掌握しとったら機内だけで戦えるで
123:2016/02/18(木) 10:35:19.55 ID:zpuwG5sU0.net
>>111
なお畿内平定を任されてるのは光秀

この頃の信長って
美濃、尾張も信忠に譲ってたから何の力もあらへん
130:2016/02/18(木) 10:36:46.42 ID:nrYBZ9MEa.net
>>123
あれか、会社で言うところの会長みたいな
実際は社長が全権持ちの名誉職
148:2016/02/18(木) 10:38:32.40 ID:CyXHKzTXa.net
>>130
手持ちの兵もいないし中央集権とは真逆?
160:2016/02/18(木) 10:39:34.50 ID:zpuwG5sU0.net
>>148
息子が全ての力を持ってたんや

生きてる間に権限を息子に移して、
跡継ぎ問題が起きないようにしてたんやで
171:2016/02/18(木) 10:40:44.22 ID:lJhLnZf30.net
>>160
ほんっと優秀やわ
ことごとく最善手を打ってくる
なお
163:2016/02/18(木) 10:40:15.71 ID:aV5S5dzGa.net
>>160
なおその息子が死んだせいで
ご破算になった模様
237:2016/02/18(木) 10:48:00.35 ID:K7AIkIwD0.net
>>163
信忠以外は何であんな性格に育てたのか

長男以外はゴミ同然に扱っていたわけでもないだろうに
250:2016/02/18(木) 10:50:03.87 ID:RVZ5D+xn0.net
>>237
言うほど扱い悪いか?

脱糞なんかと比べるとみんなちゃんと目をかけて育てとると思うで
93:2016/02/18(木) 10:29:50.93 ID:Lp/zrvmqd.net
最近の信長の野望だと信忠強化されてるよな
98:2016/02/18(木) 10:31:12.69 ID:cAbQMvtQ0.net
信忠、勝頼、氏政といった連中再評価されてるよな
193:2016/02/18(木) 10:43:13.13 ID:7Fq5XNKn0.net
死んだから評価されてるだけで
生き残っても秀吉に良いようにやられてた可能性が高いと思うけどな
230:2016/02/18(木) 10:47:06.51 ID:lJhLnZf30.net
>>193
秀吉以外の重臣は尾張以来の古参が多いから
そいつらは団結して信忠バックアップするやろ
172:2016/02/18(木) 10:40:59.80 ID:iOTbcueU0.net
なんJ民のノッブ好き具合は異常
179:2016/02/18(木) 10:41:55.95 ID:0jdo7mzT0.net
>>172
三傑の中だとなんJ民には秀吉が一番人気ないね
182:2016/02/18(木) 10:41:58.88 ID:nrYBZ9MEa.net
>>172
多分ノッブとサッルが好きなんやろな

脱糞ニキは人気無いのがかなC
199:2016/02/18(木) 10:44:01.77 ID:RVZ5D+xn0.net
>>182
なんでや真田丸の伊賀越え大人気やったやろ
221:2016/02/18(木) 10:46:07.73 ID:oikuhbMsd.net
>>199

232:2016/02/18(木) 10:47:24.43 ID:JJZ+z/Ff0.net
>>221
絶対漏らしてるわこれ
224:2016/02/18(木) 10:46:28.67 ID:d/WYAYBk0.net
家康が一番有能なのは長生きしたことやな

しかも最後までボケず、
ちゃんと豊臣家を滅ぼしたのを見届けてから死んでるからな
239:2016/02/18(木) 10:48:12.58 ID:nrYBZ9MEa.net
>>224
薬師「家康様、家康様が使ってる薬はちょっと強すぎます、体に毒ですよ」
家康「は?追放だわ」
薬師「」

これくらいか?老害エピソード
258:2016/02/18(木) 10:51:01.70 ID:lJhLnZf30.net
>>224
悔しいけど幕府体制の構築は見事と言う他ないな
151:2016/02/18(木) 10:38:40.11 ID:YEF5N/Eu0.net
信長は人が自分に背くってのを理解出来ない人間なんやないか?
戦国の世の中とは言え生まれながらの殿様だし。
170:2016/02/18(木) 10:40:41.11 ID:YJNYJSThp.net
>>151
尾張守護の下の守護代の下の三奉行の一つの家系なんですが
185:2016/02/18(木) 10:42:27.08 ID:YEF5N/Eu0.net
>>170
でも信長のスタートは尾張半国の国主じゃないんか?
234:2016/02/18(木) 10:47:49.91 ID:YJNYJSThp.net
>>185
国主じゃない
信秀自体は守護代並みの力持ってたけど
それでも上には守護代いるし
信秀死んでから家系弱体化の為に家督紛争起こされてるし
260:2016/02/18(木) 10:51:09.13 ID:x1r67fCC0.net
>>185
㈱斯波の、子会社の、さらに関連企業の社長の息子
くらいやな
286:2016/02/18(木) 10:54:02.59 ID:atG0Bou/a.net
>>260
どっちか言うとヨーカドーとセブンイレブンの関係やろ
210:2016/02/18(木) 10:45:06.99 ID:xlbbgRtx0.net
明智一番の失敗は信長の死体を確保できなかったことちゃうか

信長の恐怖政治知っとる家臣どもは
信長生きてる可能性がちょっとでもあったら絶対反逆できないやろ
218:2016/02/18(木) 10:45:56.98 ID:7jmolf3T0.net
>>210
恐怖政治いうほどのことしてないんですがそれは・・・
244:2016/02/18(木) 10:49:02.28 ID:lJhLnZf30.net
>>210
恐怖政治(善政)
233:2016/02/18(木) 10:47:30.55 ID:atG0Bou/a.net
>>210
足利義教「ホンマの恐怖見せたろか」
354:2016/02/18(木) 11:00:45.26 ID:O24h2cFKd.net
>>233
処罰の理由がめちゃくちゃすぎると思ってたが
室町時代がめちゃくちゃな時代やと知って最近認識を改めた

足利 義教(あしかが よしのり)は、
室町時代中期の室町幕府の第6代将軍。
第3代将軍・足利義満の五男。

「悪御所」のあだ名で呼ばれた義教は
苛烈な側面を有しており、些細なことで激怒し厳しい処断を行ったと言われる。

主な例としては以下のようなことがある。

・永享2年、東坊城益長が儀式の最中ににこっと笑顔を作った。
 義教は「将軍を笑った」と激怒し、益長は所領を没収された上、蟄居させられている。

・永享4年、一条兼良邸で闘鶏が行われ、多数の人々が見物に訪れた。
 そのため義教の行列が通ることが出来ず、激怒。
 義教は闘鶏を禁止し、京都中のニワトリを洛外へ追放した。

・義教は側室日野重子の兄である日野義資に対して青蓮院門跡時代から恨みを持っており、
 将軍に就任すると義資の所領を没収し、謹慎させた。
 永享6年、重子が子(後の足利義勝)を産むと、叔父になる義資のもとに祝賀の客が訪れた。
 これを不快に思った義教は訪れた客すべてを処罰した。
 さらに6月8日には義資が何者かに斬殺され首を取られた。
 犯人については明らかにならなかったが、義教の討手であるという噂が流れた。
 この噂をした参議高倉永藤は硫黄島へ流刑となった。

・比叡山根本中堂の炎上に関する噂をすることを固く禁じ、
 その禁に触れた商人は斬首された。

・酌の仕方が下手だという理由で
 侍女(少納言局)は激しく殴られ、髪を切って尼にさせられた。

・説教しようとした日蓮宗の僧日親は、
 灼熱の鍋を頭からかぶせられ、二度と喋ることができないように舌を切られた。

これにとどまらず
「献上された梅の枝が折れた」「料理がまずい」といった些細な理由で
庭師や料理人を罰したことが当時の記録に数多く記されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/足利義教
251:2016/02/18(木) 10:50:10.28 ID:rA8L8Nm50.net
伊達政宗『人間50年死んだし生まれる時代は間違ってなかった。進むやで~www』

伊達政宗『ひえええ親父死んだでwwww』

伊達『芦名うざいんじゃぁ~^佐竹もうざいんじゃあ~^』
270:2016/02/18(木) 10:52:17.24 ID:iOTbcueU0.net
>>251
ほんまによう生き永らえたなこのガイジ
278:2016/02/18(木) 10:53:02.44 ID:lJhLnZf30.net
>>251
中二病好きやで
287:2016/02/18(木) 10:54:14.99 ID:/1VOU/Cea.net
>>251
曽祖父と祖父と父の外交努力をちゃぶ台返しするロックな男

嫌いじゃないけど怖いよ
253:2016/02/18(木) 10:50:14.79 ID:9uioQ67yd.net
安土まで逃げられてたら、秀吉と挟み撃ちやろ?

このあとの織田家中どうなったんやろな
259:2016/02/18(木) 10:51:07.10 ID:zpuwG5sU0.net
>>253
信忠がいれば織田の天下は変わらんで
この頃の信長は別にいてもいなくてもええねん
276:2016/02/18(木) 10:52:55.97 ID:9uioQ67yd.net
>>259
家臣筆頭は秀吉になるやろ?

勝家とか我慢でけるんかな
298:2016/02/18(木) 10:55:26.30 ID:zpuwG5sU0.net
>>276
秀吉にはならんよ
その頃の石高をみれば柴田が飛びぬけとるから

それに信忠がいれば
丹羽、池田、細川あたりがすぐに動くだろうから秀吉の手柄もなくなる
269:2016/02/18(木) 10:52:14.88 ID:7Fq5XNKn0.net
信長はともかく
信忠は何が何でも逃げなきゃいけなかったのに
それが出来なかった時点で無能だと思うな


他に逃げてる奴がいっぱいいるんだから
逃げようと思えば逃げれた
283:2016/02/18(木) 10:53:32.49 ID:zpuwG5sU0.net
>>269
⁇「織田の跡継ぎが逃げたところを雑兵に撃たれるなんて恥やで」
289:2016/02/18(木) 10:54:29.64 ID:oF9ZQ+TQ0.net
>>283
これは無能、自分の立場が分かってない
290:2016/02/18(木) 10:54:31.72 ID:7Fq5XNKn0.net
>>283
若い頃から恥も外聞もなく逃げまくった結果が信長やぞ
312:2016/02/18(木) 10:56:39.77 ID:P19sg0r5M.net
>>269
逆にノッブやったら
間違いなく信忠を見捨てて一目散で逃げてるな
318:2016/02/18(木) 10:57:18.92 ID:YEF5N/Eu0.net
>>312
「父親が生きていれば子供はまた作れるんやぞ」
272:2016/02/18(木) 10:52:20.26 ID:MorF4HRyd.net
甲州征伐の記録見てる限りじゃ、後継者としては十分な能力ありそうやけどな

滝川・河尻がいたのも大きいけど
429:2016/02/18(木) 11:08:30.50 ID:xFFey+820.net
信忠が死んだのが、
信長にとっても最大の痛恨事ちゃうか


ノッブは部下に裏切られ慣れてるのに
なんであこで後継ぎ共々隙を見せたんかな
446:2016/02/18(木) 11:10:33.65 ID:oF9ZQ+TQ0.net
>>429
それくらい光秀を信頼してた、いう事ちゃうか?
452:2016/02/18(木) 11:11:28.53 ID:lJhLnZf30.net
>>429
光秀大好きやったんやろなあ
282:2016/02/18(木) 10:53:26.39 ID:e1bN9w290.net
ノッブが嫌というほど
金ヶ崎の話を聞かせておけば

金ヶ崎の戦い(かねがさきのたたかい)は
戦国時代の元亀元年(1570年)に起きた、織田信長と朝倉義景との戦闘のひとつ。
金ヶ崎の退き口(かねがさきののきくち)または金ヶ崎崩れとも呼ばれ、
戦国史上有名な織田信長の撤退戦である。
織田信長が越前(福井県)の朝倉義景を攻撃したところ、
同盟関係にあった妹婿の小谷城(琵琶湖東岸)の浅井家の裏切りにあい、
挟撃の危機に瀕したため、
木下藤吉郎と信長の同盟軍の徳川家康が後衛となって、
信長本隊が信長勢力地まで帰還するのを援護した戦い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/金ヶ崎の戦い
294:2016/02/18(木) 10:54:41.48 ID:qfX3oMZRa.net
信忠ってそもそも有能だったん?
どうしても親父が最強すぎて霞んでるイメージなんやが
301:2016/02/18(木) 10:55:35.58 ID:O7EH63Zr0.net
>>294
さっさと諦めて腹切る馬鹿やで
309:2016/02/18(木) 10:56:19.34 ID:lJhLnZf30.net
>>294
一般的に見れば有能やろ
信長に比べればどの戦国大名も大したことないのでセーフ
302:2016/02/18(木) 10:55:41.72 ID:jYz8LdYNM.net
>>294
武田攻めの資料を見ると少なくとも戦の才能はありそう
他は知らんが
508:2016/02/18(木) 11:19:05.16 ID:APPHrClap.net
>>302
武田攻めの資料って何ンゴ?
327:2016/02/18(木) 10:57:57.02 ID:/1VOU/Cea.net
>>294
武田攻めの際に1番ヤバそうな高遠城を攻める大将になった

ノブは息子が心配なので
私が行くまで待ちなさい待てよ待ってるんだぞ!?と早馬を飛ばしたが、
返事は高遠城の陥落の報せだった
335:2016/02/18(木) 10:58:40.81 ID:lJhLnZf30.net
>>327
有能
368:2016/02/18(木) 11:02:06.89 ID:f/wyBwJIa.net
没落気味で滝川の助けがあったとはいえ
武田をキッチリ潰して久秀も潰したのは普通に才能はある
秀忠なら倍の兵力でボロ負けしてる
328:2016/02/18(木) 10:57:59.64 ID:O7EH63Zr0.net
ヤバさで言えば家康と信忠は同レベルやったが
家康は逃げて信忠は腹切った

これだけでも家康がいかに優れてるかわかる
352:2016/02/18(木) 11:00:34.82 ID:YJNYJSThp.net
>>328
家康も腹切ろうとしたんやなかったっけ
381:2016/02/18(木) 11:03:46.36 ID:VbbRmPnn0.net
>>352
家康「もし信長が生きてたら逃げたこと責められるやんけ!
   (京に戻って知恩院で腹を切るぞ)」
385:2016/02/18(木) 11:04:00.19 ID:O7EH63Zr0.net
>>352
部下に恵まれるのも実力の内やで

腹切れ腹切れ言う糞叔父がいるなんて運悪過ぎや
運も実力の内やからな
366:2016/02/18(木) 11:01:59.29 ID:RVZ5D+xn0.net
>>352
家康はわりと事あるごとに切ろうとするよな
371:2016/02/18(木) 11:02:24.13 ID:cTaxs8eH0.net
>>366
絶望先生かよ
407:2016/02/18(木) 11:06:57.86 ID:0jdo7mzT0.net
家康はどの段階で天下取りを決意したんやろうな
秀吉が死ぬ前からやるつもりやったんかな
425:2016/02/18(木) 11:08:25.31 ID:oF9ZQ+TQ0.net
>>407
信長死んで自分は生き残った時
「ほかの連中が相手ならならなんとかなるんじゃね?」
って思った可能性
477:2016/02/18(木) 11:15:07.75 ID:uKSx1esTd.net
ノッブ死んだかもやで!せやけど首は見つからん!



家康「逃げ帰ったらノッブに殺される、助けにいくで。殺されてたら知恩院で切腹や」

秀吉「運が開けたで。すぐ講和して光秀殺すで」

うーん
484:2016/02/18(木) 11:16:09.97 ID:nrYBZ9MEa.net
>>477
運が開けたっていったのは畜生軍師で
秀吉はドン引きしてたんだよなあ...
497:2016/02/18(木) 11:17:14.25 ID:/1VOU/Cea.net
>>477
???「ご運が開けましたな…?」

ひで(わかるけどそれクチに出して言う?普通言う?)
496:2016/02/18(木) 11:17:13.38 ID:n8/akjdX0.net
>>484
なおその後畜生軍師も霞む程の畜生になってしまった模様
311:2016/02/18(木) 10:56:30.95 ID:enRAOWlTd.net
信雄とかいう低評価が覆らない無能
残念でもなく当然
325:2016/02/18(木) 10:57:53.65 ID:nrYBZ9MEa.net
>>311
勝頼、氏真、劉禅も再評価来てるからそのうち再評価あるで
338:2016/02/18(木) 10:58:55.78 ID:jBkC8yJX0.net
>>311
名前もダサいしな
ノブオやでノブオ
330:2016/02/18(木) 10:58:05.31 ID:x1r67fCC0.net
>>311
大坂までアホのままやからな
336:2016/02/18(木) 10:58:46.57 ID:CyyZAR2Y0.net
>>311
秀吉「信雄、犬の真似してみ」
信雄「ワンワンワン」
秀吉「ふーん もうええよ帰って」
信雄「?」

この話すき
461:2016/02/18(木) 11:13:02.41 ID:xCjWOsLG0.net
フロイス「安土城焼いたのは信雄。ソースはあいつアホやから」

ルイス・フロイス(1532年 - 1597年7月8日(慶長2年5月24日))は、
ポルトガルのカトリック司祭、宣教師。
イエズス会士として戦国時代の日本で宣教し、織田信長や豊臣秀吉らと会見。
戦国時代研究の貴重な資料となる『日本史』を記したことで有名。

1583年(天正11年)、時の総長の命令で宣教の第一線を離れ、
日本におけるイエズス会の活動の記録を残すことに専念するよう命じられる。
以後フロイスはこの事業に精魂を傾け、その傍ら全国をめぐって見聞を広めた。
この記録が後に『日本史』とよばれることになる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ルイス・フロイス
321:2016/02/18(木) 10:57:28.69 ID:JJZ+z/Ff0.net
信雄ののぶおのほうが無能ぽいのでのぶおでという評価
383:2016/02/18(木) 11:03:51.85 ID:B2yA9oILp.net
有楽斎とかいう畜生が
のうのうと天寿を全うしてるのがおかしい


お前は死ねよ

織田 長益(おだ ながます)は、
安土桃山時代から江戸時代初期の大名・茶人。長益系織田家嫡流初代。
織田信秀の十一男で、有楽斎如庵(うらくさいじょあん、有樂齋如庵)と号し、
後世では有楽、有楽斎と称される。

本能寺の変の際は、信忠とともに二条御所にあったが、
長益自身は城を脱出し、近江安土を経て岐阜へ逃れたとされる。

秀吉死後、家康と前田利家が対立した際には、徳川邸に駆けつけ警護している。
関ヶ原の戦いでは東軍に属し、長男・長孝とともに総勢450の兵を率いて参戦。

大坂夏の陣を前にして再戦の機運が高まる中、家康・秀忠に対し
「誰も自分の下知を聞かず、もはや城内にいても無意味」と許可を得て豊臣家から離れた。
大坂退去後は京都に隠棲し、茶道に専念し、趣味に生きた。


『義残後覚』・『明良洪範』など後世の編纂書では
本能寺の変の際に信忠に自害を進言したのは長益だとされ、
その後の逃亡劇を、京の民衆たちに
「織田の源五は人ではないよ お腹召せ召せ 召させておいて
 われは安土へ逃げるは源五 むつき二日に大水出て おた(織田)の原なる名を流す」
と皮肉られたという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/織田長益
408:2016/02/18(木) 11:06:58.58 ID:/1VOU/Cea.net
あんな時代よ
生き残れば勝利よ
675:2016/02/18(木) 11:44:28.99 ID:Q/H/e9tw0.net
戦国サバイバル四天王
荒木道糞
織田信雄
織田長益
丹羽長重
682:2016/02/18(木) 11:45:30.55 ID:6MDKFo7d0.net
>>675
織田家とかいう名門
690:2016/02/18(木) 11:47:32.62 ID:Q/H/e9tw0.net
>>682
長益も信雄もガチれば天下いけたかもしれんのに勿体ないわ

特に信雄
700:2016/02/18(木) 11:48:32.83 ID:/3lKC3GS0.net
>>690
天下より道楽の方が大事だから仕方ないよね
704:2016/02/18(木) 11:49:04.62 ID:iDQDNUSMd.net
信忠の治世は見てみたかったわ
織田の世はどんな日本やったんやろか
714:2016/02/18(木) 11:50:59.99 ID:atG0Bou/a.net
>>704
安土桃山までの日本人のメンタリティーは
江戸以降のものと全然ちゃうかったらしいから

全く違う日本になってたやろね
739:2016/02/18(木) 11:55:12.22 ID:iDQDNUSMd.net
>>714
物の考え方本質そのものが
今とは大きく違うやろね
760:2016/02/18(木) 11:58:18.07 ID:atG0Bou/a.net
>>739
大航海時代に合わせた世界戦略持ててたかもとは想像してまうわ
476:2016/02/18(木) 11:15:05.95 ID:wa9/mnVY0.net
生き残ったら負けじゃないってのは
ある意味戦国の真理
486:2016/02/18(木) 11:16:14.81 ID:7Fq5XNKn0.net
>>476
その一点で信忠はただの馬鹿なんだよなあ
550:2016/02/18(木) 11:26:57.03 ID:aBwKpBpB0.net
歴史の転換点はドラマに溢れとるな
織田信忠とかいう織田家最後の希望
引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1455757711